クマ コンシーラー

MENU
黒クマは諦めるしかないの?
目元のたるみは馬プラセンタが効果的です!
公式サイトは以下の画像をクリック


クマがコンシーラーで消えないのは何故!?

クマをコンシーラーで消えるか見分ける

「雑誌に載っていたクマをコンシーラーで隠す方法を試したけど、
 全然クマが消えてくれない・・・むしろ目立っている気がする」

 

こんな経験、ありませんか?

 

 

実は、クマには茶クマ・青クマ・黒クマの3種類あり、それぞれ対策方法が違うのです。

 

コンシーラーで消えるのは10代・20代に多い茶クマと青クマのみ。30代以降のクマの悩みに多い「黒クマ」はコンシーラーで消すことは出来ません。

 

ですから、10代・20代向けの雑誌に載っているコンシーラーを使ったクマの隠し方は効果がないこともあります。もろに「老け顔」に認定されるのは黒クマなのに、コンシーラーで隠しきれないので厄介ですね。

 

まずはあなたのクマが茶クマ・青クマ・黒クマのうち、どれなのか?を確認することから始めましょう。その後、あなたに合ったクマの消し方を実践することで、今よりもずっと若く見られるようになりますよ。

 

 

 

茶クマ・青クマ・黒クマの正しい見分け方

自分のクマが茶クマ・青クマ・黒クマのどれなのかを確かめる見分け方ですが、目の下の皮膚を引っ張ることで見分けることができます。目尻に指を置いて少しだけ横に引っ張ってみて下さい。

 

  • 引っ張るとクマも一緒に引っ張られる場合・・・茶クマ
  • 引っ張ってもクマが同じ場所に留まっている場合・・・青クマ
  • 引っ張るとクマが消える場合・・・黒クマ

 

 

 

色別!クマの原因とコンシーラーを使った隠し方

【茶クマの原因と対処法】

茶クマの原因は「色素沈着」です。つまり、日焼けによるシミと同じ。皮膚のシミですから、皮膚を引っ張ると一緒にクマも引っ張られるのです。

 

茶クマの場合は、紫外線に気をつけて、これ以上の色素沈着を防ぐようにしましょう。たっぷり保湿を行い、目の下を擦ったり、肌を傷つけるようなことは極力控えることが大切。

 

ビタミンCや美白美容液、美白に効くアイクリームなどを使うことで改善されます。

 

→茶クマには黄色またはベージュのコンシーラーを使いましょう!

 

 

 

【青クマの原因と対処法】

青クマの原因は睡眠不足や疲労、ストレスなど、日常生活の疲れです。血行不良によって血液の青黒さが透けてみえているのが青クマですので、皮膚を引っ張ってもクマの場所は移動しないのです。

 

生活習慣の改善で青クマを治すことが出来ます。血行不良を改善するためには、めぐリズムで目元を温めたり、マッサージが効果的です。

 

→青クマにはオレンジ系のコンシーラーで隠しましょう!

 

 

 

【黒クマの原因と対処法】

黒クマの原因は老化による肌のたるみ。肌のたるみやしわで出来た影が黒いクマの原因ですので、皮膚を引っ張るとたるみが引っ張られるため、黒クマは消えるのです。

 

30代以降の方はこの黒クマで悩んでいる方が非常に多いです。コンシーラーで隠すにしても、老化がすすめば黒クマもどんどん目立っていってしまいますから、日々のケアが大切です。

 

普段から乾燥を防ぎ、たるみを抑えるためには目元を鍛える筋トレを行なうのも効果的でしょう。最近では、シワやたるみを簡単に改善できるプラセンタ系の化粧品やサプリが人気ですね。

 

厄介なのは、黒クマはコンシーラーでは隠しきれないこと。どうしてもコンシーラーで少しでも隠したい場合は、白っぽいカラーを使いますが、厚塗りすると余計に目立ってしまう可能性も高いので注意が必要です。

 

→黒クマ普には明るめのベージュかオークルのコンシーラーを使いましょう!